Doctoral Program in Human Care Science. Graduate School of Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba

カリキュラム

科目区分 授業科目の名称 配当年次 単位数 授業形態
必 修 選 択 自 由 講 義 演 習 実験・実習
専門基礎科目 パブリックヘルス特論Ⅰ 1・2前 1        
パブリックヘルス特論Ⅱ 1・2後 1        
パブリックヘルス特論Ⅲ 1・2後 1        
ヒューマン・ケア科学特論Ⅰ 1・2前 1        
ヒューマン・ケア科学特論Ⅱ 1・2前 1        
ヒューマン・ケア科学特論Ⅲ 1・2前 1        
小計(6科目) 6 0 0
専門科目 パブリックヘルス演習 1・2通 3        
パブリックヘルス特別研究 2・3通 3        
小計(2科目) 6 0 0  
学位プログラム小計(8科目) 12 0 0  

 

科目区分 授業科目の名称 講義等の内容 備考
専門基礎科目 パブリックヘルス特論Ⅰ 公衆衛生学は学際横断的な領域であるため、健康問題の要因とその解決・支援方法、それに係る社会的制度等について、基本分野に加えてさまざまな関連分野から、基礎的知識と研究方法を習得する必要がある。そこで本科目では、公衆衛生に係る各分野から、国際保健学、疫学・統計学、医療経済学について論じるとともに研究法を解説する。
(オムニバス方式/全10回)
(堀愛/2回)公衆衛生学の事例を通して、問いの定式化から研究結果を導き出すまでの方法論を概説する。
(市川政雄/2回)公衆衛生学は実学であり、実証と実装が欠かせない。その実際について具体例を挙げながら論じるとともに、研究者の役割について考える。
(高橋秀人/2回)疫学・統計学の観点から, パブリックヘルスについて概説する
(大久保麗子/2回)効果の測定方法、費用効果分析を中心に、医療経済学の研究法を解説する。
(近藤正英/2回)保健医療政策学への経済学の応用としての医療経済学を概説する。
オムニバス方式
専門基礎科目 パブリックヘルス特論Ⅱ 公衆衛生学は学際横断的な領域であるため、健康問題の要因とその解決・支援方法、それに係る社会的制度等について、基本分野に加えてさまざまな関連分野から、基礎的知識と研究方法を習得する必要がある。そこで本科目では、公衆衛生に係る各分野から、健康社会学、生涯健康学、運動・栄養学について論じるとともに研究法を解説する。
(オムニバス方式/全10回)
(門間貴史/2回)健康社会学の研究方法(調査法やデータ解析など)について、様々な実証研究の事例をとりあげて解説する。
(武田文/2回)健康社会学の領域から主に地域保健と産業保健に関する代表的な研究テーマとその知見を紹介し、近時の研究課題について論じる。
(横山徹爾/2回)生涯健康学について,疫学的エビデンスを踏まえて論じる。
(大藏倫博/2回)身体活動や健康関連体力の測定評価法および健康増進エクササイズの理論と実践方法について論じるとともに、体育科学分野の研究法について解説する。
“(麻見直美/2回)運動・栄養学分野のうち、公衆栄養および食育に関連する理論や実証研究を中心に取り上げて論じる。
オムニバス方式
専門基礎科目 パブリックヘルス特論Ⅲ 公衆衛生学は学際横断的な領域であるため、健康問題の要因とその解決・支援方法、それに係る社会的制度等について、基本分野に加えてさまざまな関連分野から、基礎的知識と研究方法を習得する必要がある。そこで本科目では、公衆衛生に係る各分野から、生活支援学、生活環境学、ヘルスサービスリサーチについて論じるとともに研究法について解説する。
(オムニバス方式/全10回)
(徳田克己/2回)幼児、障害児・者、高齢者に対するバリアフリー支援の方法と改善(間違っている点字ブロック、迷惑ランナー、歩きスマホ、エスカレータの駆け下りなど)について論じる。
(牛山明/2回)健康について生活環境学の視点から解説し、あわせて環境因子の健康リスクに関して具体例を交えて論じる。
(伊藤智子/2回)ヘルスサービスリサーチの研究法について、二次的データ分析の方法(データの特徴、分析上の注意など)を主軸にして、実際の研究を交えながら概説する。
(杉山雄大/2回)ヘルスサービスリサーチの政策へのトランスレーションについて、その概念と実例について概説する。
(田宮菜奈子/2回) ヘルスサービスリサーチ の歴史、概念、基本的考え方、内外での最新状況を研究事例を紹介しつつ概説する。
オムニバス方式
専門基礎科目 ヒューマン・ケア科学特論Ⅰ 対人援助にかかわる諸問題を、さまざまな学問分野から交叉的かつ体系的に把握し、基礎的な知識および研究方法を学ぶ。すなわち、対人援助の基本として対象の対人的理解、援助方法の策定と介入、そして対象の置かれている状況の社会的制度的理解と援助について、共生教育学、臨床心理学の分野から論じるとともに、研究法を概説する。
(オムニバス方式/全10回)
(河野禎之/3回)共生教育学の分野で研究を進める際の研究法について、特に心理測定に焦点を当てて概説する。
(沢宮容子/3回)臨床心理学の分野から、特に認知行動療法、認知行動カウンセリング、REBT、ポジティブ心理学等について概説する。
(青木佐奈枝/2回)臨床心理学野分野における研究法について、特にトラウマやPTSD、自殺問題を題材に挙げ概説する。
“(杉江征/2回)臨床心理学野分野における研究法について、特に大学生と学生相談、自律訓練法、認知行動療法、ポジティブ心理学、アスリートの自己形成、大学生の自殺予防等を題材に挙げ概説する。 “
オムニバス方式
専門基礎科目 ヒューマン・ケア科学特論Ⅱ 対人援助にかかわる諸問題を、さまざまな学問分野から交叉的かつ体系的に把握し、基礎的な知識および研究方法を学ぶ。すなわち、対人援助の基本として対象の対人的理解、援助方法の策定と介入、そして対象の置かれている状況の社会的制度的理解と援助について、社会精神保健学、発達臨床心理学、教育社会学の分野から論じるとともに、研究法を解説する。
(オムニバス方式/全10回)
(斎藤 環/3回)社会精神保健学の分野、とりわけひきこもりなどの非社会的問題、あるいはコミュニティケアやそれを支えるメンタルヘルスシステムについて論ずる。
(森田展彰/3回)社会精神保健学の分野で扱う代表的な社会病理である家庭内の暴力やアディクションの理解と支援問題について主に論じる。
(大谷保和/2回)社会精神保健領域で研究を進める際の心理学的な方法論(研究計画の作成や尺度構成法等を含む)について概説する。
(濱口佳和/2回)子どもの心理社会的不適応や問題行動の形成と心理学的介入方法について概説する
オムニバス方式
専門基礎科目 ヒューマン・ケア科学特論Ⅲ 対人援助にかかわる諸問題を、さまざまな学問分野から交叉的かつ体系的に把握し、基礎的な知識および研究方法を学ぶ。すなわち、対人援助の基本として対象の対人的理解、援助方法の策定と介入、そして対象の置かれている状況の社会的制度的理解と援助について、福祉医療学、福祉社会学、ストレスマネジメント、高齢者ケアリング学の分野から論じるとともに、研究法を解説する。
(オムニバス方式/全10回)
(柳久子/2回)地域における保健・医療・福祉に関する実践的研究に必要な知識や技術について概説する。
(水野智美/2回)障害児者を取り巻く問題のなかでも、特に発達障害児・者およびその家族の抱える問題と対応策に関する研究法を解説する。
(水上勝義/2回)ストレスマネジメントや、高齢者のメンタルヘルス、ヘルスプロモーションなどの問題に係る研究課題の論文指導を行う。
(橋爪祐美/4回)高齢者ケアリング学の分野から専門職自身の家族介護、移住外国人の家族介護支援問題と多世代共生型ケアを中心に論じる。
オムニバス方式
専門科目 パブリックヘルス演習 公衆衛生学の各研究分野(健康社会学、医療経済学、国際保健学、ヘルスサービスリサーチ、疫学・統計学、生涯健康学、生活環境学、生活支援学、運動・栄養学)における多様な研究テーマやトピックに関する文献購読や発表討論を通して、最新理論や研究手法を学ぶ。  
専門科目 パブリックヘルス特別研究 公衆衛生学の各研究分野における具体的研究課題の立案・実施から博士論文の作成までを指導する。
(1 武田文)健康社会学に係る研究課題の論文指導を行う。
(2 近藤正英)医療経済学に係る研究課題の論文指導を行う。
(3 市川政雄)国際保健学に係る研究課題の論文指導を行う。
(4 田宮菜奈子)ヘルスサービスリサーチに係る研究課題の論文指導を行う。
(5 徳田克己)生活支援学に係る研究課題の論文指導を行う。
(6 大藏倫博)運動学に係る研究課題の論文指導を行う。
(7 麻見直美)栄養学に係る研究課題の論文指導を行う。
(8 横山徹爾)生涯健康学に係る研究課題の論文指導を行う。
(9 高橋秀人)疫学・統計学に係る研究課題の研究推進, および研究公表(論文等)の指導を行う。
(10 牛山明)生活環境学に係る研究課題の論文指導を行う。